MENU
 

エステ

Esthetic

SHR方式(蓄熱式)脱毛


SHR方式脱毛は、弱いエネルギー(蓄熱効果)を利用して発毛の元となる毛根幹細胞に熱変性を起こさせ発毛を停止させる最新式脱毛法です。

施術機器紹介(SHR方式脱毛)

SHR方式脱毛の魅力

1.お肌が弱い方敏感な方、お子様も安心!

ダメージが極めて少なく毛乳頭、皮脂開口部などを破壊しないため肌の弱い方にも安全・安心してお使いいただけます。

2.とにかく早い!

全身脱毛 従来約120分 → 約60分!

3.肌質・毛質を選ばない!

日焼け肌・色黒の方、産毛も施術可能

4.痛みがほとんどない!

従来の脱毛方法とSHR方式脱毛の比較

 従来の脱毛SHR方式
頻度2~3ヵ月に1度2週間に1度
効果毛周期にあわせて
成長初期~成長期のみ施術可能
毛包内の毛根幹細胞が含まれる領域を熱変性させるので、全ての毛周期中に効果を発揮
脱毛完了まで
約2年約6ヵ月

Price

パーツ別施術料金

Lパーツ

1パーツ ¥2,500
顔・胸元・背中・腹部・腰・左右肘上・左右肘下・ヒップ・ビキニライン・ふともも(左右別)・左右ひざ下・男性ひげ

Sパーツ

1パーツ ¥1,500
左右わき・うなじ・口周り・もみあげ・眉間

チケット料金

Sパーツ 10回¥10,000
Lパーツ 5回¥10,000
30回セット¥30,000
Sパーツ3回サービス
50回セット

¥50,000
Sパーツ4回・Lパーツ1回サービス

全身 1回¥13,000
全身 5回チケット¥50,000
全身 10回チケット¥95,000

光フォト・フェイシャルエステ


お顔全体に有効な光をあてることで、シミ・しわ・乾燥・ハリ・ツヤの衰え・毛穴の開き・赤み(赤ら顔)・くすみ・ざらつきなどのエイジング症状を改善します。内側から肌機能をアップさせることで、自然にハリ・ツヤ・弾力が増し、素肌本来の美しさとみずみずしさが蘇ります。
※痛みはほとんど感じません。

光フォト・フェイシャルエステでアプローチできる肌トラブル

シミ・そばかす

光が肌に沈着したメラニン色素に反応。
表皮のターンーオーバーが高まり、最終的には皮膚の代謝によって剥がれ落ち、新しい皮膚に生まれ変わります。

たるみ・小じわ

しわやたるみは、「水分不足」が大きな原因です。光フォト・フェイシャルの光は細胞に直接働きかけコラーゲンの再生を促すため、たるみや小じわが目立たなくなります。

赤ら顔

顔が赤く見えるのは、毛細血管が広がっている状態だからです。光フォト・フェイシャルの光を照射することで、毛細血管を収縮させ、赤みを抑えることができます。

ニキビ・ニキビ跡

光がニキビの赤みや色素沈着したニキビ跡に反応。
コラーゲン再生が活性化されることで、ニキビ跡の凸凹が目立たなくなります。

Price

光フォト・フェイシャル コース料金

初回特別価格通常 ¥6,000 → ¥3,000
3回チケット¥12,000

ビューティーライザーブレス


ビューティーライザーブレスは鍼灸師が開発した最新美容機で、高濃度な栄養素を肌の深層までしっかり入れ込み肌年齢を改善、神経にしっかり届く刺激で筋肉を引き上げます。維持力もあり筋肉を動かすだけの技術とは理論も効果も違う画期的なお手入れ法です。
法令線や目の下のたるみ・眉間の縦じわや小じわ・くすみなどに効果的で、お肌がリフトアップし、若々しい表情を取り戻せます。

最新エステと東洋医学の融合

STEP1

マイクロヒアルロン酸やマイクロコラーゲン、その他の美容液を皮膚に塗布し、中周波を用いて栄養を深層に届け肌質から改善します。
シワ・シミ・法令線などにダイレクトに作用します。

STEP2

特殊な周波数の電気刺激で筋肉・ツボに働きかけ、筋肉に柔軟性を持たせて伸びてたるんだ表情筋をギュッと引き締め持ち上げます。
鍼の技術を応用し、デリケートな目の周りのトラブルも改善します。

STEP3

お顔の皮膚のたるみと密接に関係している頭皮からリフトアップすることで、顔・目尻・フェイスラインの引き上げをさらに効果的にします。

諦めていた目の下のたるみ・法令線 <施術前後>

Price

ビューティーライザーブレス コース料金

トータルコース 約50分

高濃度美容液をお肌の奥までたっぷりと(STEP1・2・3)

初回特別価格 通常 ¥6,000 → ¥3,000
3回チケット ¥10,000

ショートコース 約25分

お化粧したまま筋肉と頭皮にアプローチ(STEP 2・3)

初回特別価格¥1,800
5回チケット¥10,000

その他メニュー

ダイヤモンドの粉が入ったパックでハリ・ツヤを

ダイヤモンドパック¥500

施術機器紹介(光フォト・フェイシャル / ビューティーライザーブレス共通)

© 2017  株式会社日本医協

2017 © 日本医協